ベトナム豆知識講座 第5回 ベトナムの麺料理~合言葉はHTBK!? 

 

今回のベトナム豆知識講座はベトナムの“麺料理”です。

もちろん一番有名なのは、何度も取り上げたフォーですが、ベトナムには他にも何やら色んな麺料理があるようですよ。 

今回もタムタム(当店のベトナム人女性スタッフ)に登場してもらいます。

ではみなさんご一緒に呼んでみましょう! “教えて~タムタム!!”

 

1 ベトナム豆知識講座 ~ベトナムの麺料理~

タムタム(以下タ):みなさんこんにちは。タムタムです。今回はベトナムの麺料理です。

みなさんはベトナムに行ったことありますか?

行ってみたらわかりますが、ベトナムには本当にたくさんの種類の麺料理があるので、その種類の多さに圧倒されると思います。

 

店長(以下店):うんうん、ベトナムの人は毎日麺料理を食べているイメージ!特に朝ごはんに!

みんな同じ麺に見えるけど違うのかな・・・?

 

タ:はい。違います。ベトナムの地域によっても好まれる麺が変わります。今回は代表的な4種類の麺を紹介します。

その1 Pho(フォー)

タ:まずはおなじみフォーです。フォーは米から作られた平打ち麺です。

生麺と乾麺があって、スープと合わせてフォーに使われる他に、炒めて食べることもあります。

 

店:へぇー、炒めて食べるなんて初耳!試してみたい!!

その2 Bun(ブン)

タ:2つめはブンです。

ブンは米から作られた細い丸麺です。

生麺と乾麺があり、フォーに比べて幅広い料理に使用できるので、ベトナムではこのブンの方を良く食べます。

 

店:なるほど。細い丸麺だから、フォーみたいにスープに入れて食べるだけじゃなくて、ソースを付けて具材感覚で食べることもできるんだね。

 

タ:はい。ベトナムの生春巻きには、茹でたブンを具材で使います。

 

店:わーみんな大好き生春巻き!あれに入っているのがブンだったんだね。春雨かとばっかり思ってた・・・(@_@)

その3 Mien(ミエン)

タ:ミエンは、緑豆やキャッサバなどのでん粉から作られた麺です。乾麺のみですが、調理がとても簡単で短い時間で済みます。

 

店:ほー、これは日本で言う春雨だね。これも色々な料理に使えそう。

 

タ:はい。スープと食べる他に、炒めたりサラダの具材にしたりします。食感はなめらかですが、少しコシがありしゃきしゃきしています。

カロリーが低くて食物繊維が多いので、ベトナム人女性はダイエット食にすることもあります。

 

店:春雨は日本でもダイエット食になっていますよね。ミエンの方が食べごたえがありそう!!

その4 Hu Tieu(フーティユ)

タ:最後はフーティユです。見た目はブンに似ていますが、丸麺ではなく角ばった麺です。食感もブンより少しコシが強いです。

 

店:これもお米からできているんだね。ブンと良く似てるー。

 

タ:はい。このフーティユはベトナム南部で人気の麺です。1950年頃に中国からの移民がこの麺を作ったと言われています。

始まりはそうなのですが、だんだんベトナム独自の具材を入れるようになり、ベトナム人好みに変化していきました。

 

店:へー、その土地で料理が変化していったんだね。

2 HTBKってなんだ・・・?

タ:以上が代表的な4つの麺です。最後に、この中の麺を使った料理で私が好きなHTBKの紹介をします。

 

店:いろんな麺のことを勉強できて楽しかった!タムタムありがとう!・・・ってHTBKって何!?

 

タ:HTBKは、Hu Tieu Bo Kho(フーティユボーコー)のことです。先程出てきたフーティユと、ボーコーと呼ばれるスープを使った麺料理です。

 

店:そうなんだ。HTBKって何かの合言葉みたい\(o)どれどれ、ボーコーはさらっとしたビーフシチューみたいなスープだね。

 

タ:はい。このスープは、フレンチのビーフシチューを参考にしています。

 

店:ベトナムはフランスの統治下だった時代があるから、その影響なんだね。

ん・・・ってことは、さっきのタムタムの話から、フーティユは中国からの移民が作った麺だったよね。そしてボーコーはフランスの影響。2つの文化が混じった料理なんだ!

 

タ:さらに、ベトナムならではの味付けを加えているので、レモングラスなどのハーブがきいた、芳しく風味豊かなスープに仕上がっています。

また、パクチーや葉玉ねぎなど、ベトナムの食材をトッピングしています。

 

店:ということは、このHTBKはベトナム、中国、フランス、3か国の文化が融合した料理になるね!!

 

タ:はい。3つの文化が混じりあい、ベトナム人好みの味に変わっていったのです。

3 Xin chào!ベトナム フーティユボーコー好評発売中★

ベトナムには本当にたくさんの麺料理があるんですね。いろんな文化を吸収して、新たな麺料理も生まれていっています。その背景を知ると、ますます興味がわきますね(*^_^*)

 

初めて聞いた麺や料理もあると思うのですが、当店ではフーティユボーコー、その名もHTBKを取り扱っています。

Xin chào!ベトナム フーティユボーコー5食セット

 

3つの文化が入り混じった、ベトナム南部で人気のビーフシチュー麺。

1,680円(税込・送料別)

 

当店のフーティユボーコーは、ベトナム現地の“幻の屋台”で食べることができる味を参考に作りました。どれ位”幻”かというと・・・

まずはAM11時のとあるベトナムの街角。こちらはいたって普通の風景ですね。

それが、PM9時を回ったところでなにやら準備が始まり・・・

何もなかった通りが、にぎわいの屋台に・・・!!

この屋台の看板メニューがフーティユボーコーというわけなんです。

営業日時は決まっておらず、売切れ御免。ふらっと行って食べることができたらラッキー!!まさに”幻の屋台”です。

日本ではまだまだなじみの薄いこのフーティユボーコー。おそらく日本で取り扱っているのは当店のみです!セットの中身は、麺とスープ、香味油、そして具材入りのレトルトシチュー。

レトルトには牛ハラミ肉や人参の具材がごろっと入っているので、別に具材を用意する必要はないですよ(*^^)vちなみに、スープに辛さはありません。

これを食べれば、あなたも”幻の屋台”体験ができるかも・・・!?

たくさんの種類があって、常に進化し続けるベトナム麺料理。

フーティユボーコーのことを初めて知った方も多いと思いますが、是非一度お試しください。

さらっとしたビーフシチューの様なスープは、たくさんのスパイスが効いていて、香り高い自信作です。

合言葉はHTBK!「HTBK食べたよ!」なんて話したら、あなたもベトナム通!?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回配信まで、お楽しみに!!

←ベトナム豆知識講座 第4回 ベトナムフォー  ベトナム豆知識講座 第6回ベトナムのカレー→

お電話でのご相談・お問い合わせ
0120-405-211

営業時間 9:00~18:00(土日祝日を除く)

Menu

新着情報

2018年9月8~9日
ベトナムフェスタ in 神奈川 2018に出展決定!
2018年5月19~20日
ベトナムフェスティバル2018に出展決定!
2017年8月21日
Xin chào!ベトナム ベトナム生春巻きの皮(ヌックチャム付き)新発売!!
2017年5月12日
ベトナム食品お試しセール、開催中!
2017年4月11日
ベトナムスープ粥の販売先情報を追加しました。
2017年4月5日
ベトナム豆知識講座 番外編を更新しました。